埼玉の車手続き(車庫証明取得・名義変更手続き)なら、埼玉の行政書士小山事務所へ。迅速、安心手続き。

HOME » 名義変更手続き

名義変更手続き

自動車名義変更手続きに関する基礎知識の解説とサービス案内

自宅でナンバー交換! 出張封印による名義変更

埼玉県の普通車の名義変更や住所変更などの自動車登録手続きの代行は、行政書士小山事務所へお任せください。

行政書士小山事務所では、出張封印によるナンバーの交換に対応しております。

出張封印により、ご自宅でのナンバー交換が可能です。

土日・祝日の電話受付・ナンバー交換も対応しております。

出張封印とは

行政書士 小山 祐介

出張封印とは、自動車を運輸支局・自動車検査登録事務所に持ち込まず、特定の行政書士がご自宅の駐車場、あるいは勤務先の駐車場でのナンバー交換・封印取り付けができる制度です。

依頼者様は、ご自宅に居ながら、ナンバープレートの交換できます。

弊事務所では、土日の出張封印も対応しております。

ぜひ、この便利な制度をご利用下さい。

お客様の声

実際に出張封印をご利用頂いたお客様の声を掲載しています。
→お客様の声

おすすめしたい方

  • 親・友人やお知り合いから、車を譲り受けた方
  • オークション等で個人から車を購入した方
  • お仕事などで平日に時間が取りづらい方
  • 名義変更など登録手続きがよくわからない方
  • なるべく費用を抑えて登録したい方

弊事務所について

  • 開業当初より、自動車手続きを専門業務としております
  • 300台以上の名義変更手続きや出張封印によるナンバー交換の実績があります
  • 個人事務所だから可能な適切な料金設定です
  • 経験豊富な行政書士小山祐介が、全ての手続きを責任を持って行わせて頂きます
  • 土日・祝日の電話受付・ナンバー交換に対応致します。

料金のご案内

基本サービス 料金の総額(税込み)※1
普通車名義変更・住所変更手続き代行
(ナンバー変更あり)※2
出張封印によるナンバー交換
18,330円
普通車名義変更・住所変更手続き代行
(ナンバー変更なし)
10,370円

※1上記料金は、報酬及び費用(登録印紙代、県証紙代、ナンバープレート代、書類送付代などの実費)の総額です。

※2ナンバー変更は、例えば県外のナンバーのお車を名義変更する場合に必要になります。県内の場合でも、各陸運局の管轄により、ナンバー変更が必要になります。詳しくはこちらをご参照ください

 

オプションサービス 料金(税込み)
車庫証明書申請※1 11,240円加算
(県証紙代2,600円込)
希望ナンバー取得・取り付け 4,980円加算
休日・平日早朝夜間の出張封印 3,240円加算
自賠責保険名義変更(権利譲渡) 5,400円加算

※1車庫証明書は、名義変更・住所変更手続きにあたり原則として必要書類となります。
同居の親族間の名義変更など、”使用の本拠地”が変わらない名義変更であれば不要です。

※報酬・費用の総額のサンプルはこちらをご覧下さい。→報酬・費用の総額のサンプル
※お見積もりはメールもしくはお電話でお問い合わせ下さい。→お問い合わせ

※車検証の所有者欄に、自動車ローン会社等が記載されている場合は、所有権解除手続きが必要になります。必要書類が異なりますので、ご相談の際にはその旨お知らせ下さい。

出張封印のメリット

  • 自動車を陸運支局・自動車検査登録事務所に持ち込む必要がありません。
  • 自宅の駐車場、勤務先の駐車場でナンバーの交換ができます。
  • 時間及び費用の節約になります。
  • 土曜日・日曜日でも対応可能です。(移転登録・変更登録手続きは平日に弊事務所が行います)

出張封印ができないケース(ご依頼前にご確認ください)

  • 字光式ナンバーの自動車(自動車整理工場へ持ち込めば、可能な場合もあります。ご相談下さい。)
  • ナンバープレートの取り付けが特殊ネジの自動車(一部の輸入車、ナンバー枠の付いている自動車で、通常のビス(15mm)が使用できない場合)
  • 車台番号の確認が困難な自動車(平行輸入車等の一部の輸入車)
  • ナンバープレートの取り外しが著しく困難な自動車
  • ”盗難防止用ビスでナンバーが取り付けられている自動車(取り外す工具をお持ちであれば可能です。また、自動車整備工場へ持ち込めば、可能な場合もあります。ご相談下さい。)
  • ナンバープレートに”JCCロック”が取り付けられている場合(自動車整備工場にて、”JCCロック”を外してもらってからご依頼ください)
  • 自動車販売会社による売買に伴う名義変更(移転登録)・住所変更(変更登録)。車検証の所有者欄が自動車販売業者になっている場合。但し、車検証の使用者欄に個人名義や一般の法人名義が記載されている場合(使用者欄が”※※※”ではない場合)は、出張封印が可能です。

必要書類(名義変更)

旧所有者が用意する書類

※自動車検査証に記載されている住所・氏名等が、転居・婚姻等によって変わっている場合は、現在の住所・氏名等とのつながりの分かる書類が必要になります。住民票又は戸籍附票をご用意下さい(弊事務所で代理取得も可能です)。

新所有者(使用者)が用意する書類

  • 印鑑証明書
    (発行後3ヶ月以内のもの)
  • 車庫証明書
    (警察署発行後1ヶ月以内のもので、所有者と使用者が異なる場合は使用者のもの)
  • 委任状
    (実印を押したもの)

所有者と使用者が異なる場合の使用者の必要な書類

  • 使用者の住民票(発行後3ヶ月以内のもの)
  • 使用者の委任状

よくある質問

どの位の日数で手続きが完了しますか?

車庫証明・名義変更をご依頼の場合は、弊事務所に書類が到着してから1週間程度の期間を頂いております。
名義変更のみであれば、3日程度で完了します。

料金の支払いはどうすれば良いですか?

出張封印をする場合は、手続き終了後のナンバー交換時に、現金での支払いをお願い致します。
ナンバー交換不要の場合は、手続き終了後、新車検証の送付の際に、請求書と振り込み先の案内を同封いたします。
ご確認後、お振込み願います。

必要書類がわかりません

必要書類がわからない場合は、弊事務所へお問い合わせくださいませ。
TEL 048-446-9988

必要書類はこのホームページダウンロードできるようになっております。
名義変更に必要な書類

弊事務所より、必要書類を送付することも可能です。

すでに必要書類が揃っているのですが

必要書類が揃っているようでしたら、弊事務所へご連絡後、下記の住所へ送付くださいませ。

〒333-0807

埼玉県川口市長蔵1丁目2番19号-201

行政書士小山事務所 宛

ローン完済した車の、”所有権留保解除手続き”代行致します!

自動車ローンを完済したら、速やかに所有権留保解除手続きをする必要があります。
ローン会社や販売店は手続きをしてくれず、ご自分で平日に陸運局に出向く必要があります。
また、せっかく休みを取って、陸運局に出向いたものの、必要書類の不備で手続きを完了できない・・・ということもよくあることです。

弊事務所は、出張封印に対応しており、平日夜や土日のナンバーの交換が可能です。
お仕事などで、平日に時間の取れない方でも、所有権留保解除手続きやそれに伴う名義変更が可能です。

所有権留保解除手続き代行は、ぜひ弊事務所にお任せ下さい。→お問い合わせ

ご依頼のケース

  • 自動車ローン完済したので、車検証の所有者の名義を自分に変更したい。
  • 所有権留保されている車を、他人に売った(ローンは完済している)
  • 所有権留保されている車を、購入した。
  • 所有権留保されている車を、離婚・相続により譲り受けた。

※ご依頼のケースによって、所有権留保解除手続きと名義変更手続きを併せて行う必要があります。

料金のご案内

サービス 報酬 費用
所有権留保解除手続きのみ(ご自分を所有者にするケース) 8,640円 県証紙代500円
所有権留保解除+名義変更(ナンバーの交換なし)
(所有権留保解除して、第三者に車を譲渡する場合)
8,640円 県証紙代500円、住民票・郵送代など
所有権留保解除+名義変更(ナンバーの交換あり)
(所有権留保解除して、第三者に車を譲渡する場合)
15,120円 県証紙代500円
希望ナンバー取得(各手続きとセットで行う場合) 2,100円 希望ナンバー手数料4,200円
車庫証明書取得代行 8,640円 県証紙代2,600円

※お客様に状況によって様々なケースが考えられます。
お見積もり・ご相談はメールもしくはお電話でお問い合わせ下さい。→お問い合わせ

出張封印手続きの流れ

出張封印による名義変更・ナンバー交換手続きの流れについて説明させて頂きます。

  1. お申し込み
    メールまたはお電話でお問い合わせ・お申し込みください。
    現在のナンバー、変更先のご住所、ご希望ナンバーがあるか等をお聞き致します。
  2. お見積もり
    依頼者様のヒアリングを元に、お見積もりさせて頂きます。
  3. 必要の送付
    委任状などの必要書類を郵送致します。
    ご記入後、同封の返信用封筒でご返送ください。
  4. 陸運局へ申請、新ナンバーの受け取り
    弊事務所で、申請書の作成や住民票など添付書類の収集や作成を致します。
    管轄の陸運局へ出向いて、申請、新ナンバーの受領をします。
  5. 出張封印によるナンバーの交換
    依頼者様宅もしくは駐車場 にお伺いします。
    依頼者様の立会の下、ナンバーの交換を致します。
    時間は20分~30分です。土日も対応致します。
  6. 陸運局へ旧ナンバーの返還
    弊事務所で行います。

名義変更、費用の総額のサンプルケース

よくあるご依頼のケースの費用の総額を例示致します。
報酬は税込み価格です。

お見積もり、ご相談はこちらから→お問い合わせフォーム

名義変更(ナンバー交換あり)・車庫証明取得をご依頼

総額29,570円

  1. 名義変更(ナンバー交換あり)
    18,330円
  2. 車庫証明取得
    11,240円
希望ナンバーなしで、名義変更・車庫証明取得の手続きをご依頼頂く場合のケースです。

名義変更(ナンバー交換なし)・車庫証明取得をご依頼

総額21,610円

  1. 名義変更(ナンバー交換なし)
    10,370円
  2. 車庫証明取得
    11,240円
名義変更(ナンバー交換なし)・車庫証明取得の手続きをご依頼頂く場合のケースです。

名義変更(希望ナンバーによるナンバー交換)・車庫証明取得をご依頼

総額34,550円

  1. 名義変更(ナンバー交換あり)
    18,530円
  2. 希望ナンバー取得・取り付け
    4,980円
  3. 車庫証明取得
    11,240円
希望ナンバーありで、名義変更・車庫証明取得の手続きをご依頼頂く場合のケースです。

名義変更(ナンバー交換あり)のみをご依頼

総額18,330円

  1. 名義変更(ナンバー交換あり)
    18,330円
ナンバーの交換が必要で、車庫証明書はご自身で取得し、名義変更のみご依頼のケースです。

名義変更(希望ナンバーによるナンバー交換あり)のみをご依頼

総額23,310円

  1. 名義変更(ナンバー交換あり)
    18,330円
  2. 希望ナンバー取得・取り付け
    4,980円
希望ナンバーありで、車庫証明はご自分で取得なさるケースです。

名義変更(ナンバー変更なし)のみをご依頼

総額10,370円

  1. 名義変更(ナンバー交換なし)
    10,370円
同一管轄内の名義変更で、ナンバーの交換が不要のケースです。
車庫証明はご自分で取得なさるケースです。

ご注意点

土日の出張封印をご希望をの場合は、別途3,240円加算させて頂きます。
自賠責保険の名義変更は5,400円で承ります。
熊谷管轄内の手続きの場合は、3,240円加算させて頂きます。
年式の新しいお車は、自動車取得税がかかる場合がございます。

所有権留保手続きの注意点

ローンで購入した自動車を知人から譲り受けた場合

例えば、ローンで購入して所有権留保されている自動車を知人から譲り受けた場合は、まず、知人にディーラーやクレジット会社に書類の手配をしてもらいます。ローンで買って所有権留保されている場合は、所有者がディーラーやクレジット会社になっているので(知人は使用者として登録されています。)つまり、旧所有者の書類としてディーラーやクレジット会社の書類が必要になるわけです。(陸運局への名義変更手続きに関しては、旧使用者の書類は必要ありません。)実質は友人から自動車を譲り受けたとしても、車検証上(登録上)、所有者がディーラーやクレジット会社になっていれば、ディーラーやクレジット会社からご自身に名義変更するという手続きになります。
なお、知人がローンを完済していない場合は、ディーラーやクレジット会社の書類を発行してもらえません。所有権留保されている目的は、ローンの支払いが完了していないのに他人に売ったりすることができないようにすることを目的としているからです。

ネットオークションなどで「名義変更不可」などと書かれている場合

ローン未完済の状況で、ディーラーやクレジット会社から書類を取得できないまま売却してしまうとこういう状況になります。俗に言う金融車です。この点において個人売買で気をつけなければいけないことは、所有権が留保されているか否か、もし所有権が留保されている場合、ローンを完済しているかどうかということです。
ローンを完済していれば、個人売買などで取得した自動車が、たとえ所有権留保されていても、譲ってもらった相手方との多少のやりとりが必要ですが、名義変更が可能になります。

所有権留保解除の手順

まずは自動車税を完納

当年度分の自動車税の納税がまだの場合は、都道府県税事務所で年初から当月分まで、または1年分の自動車税を支払い、自動車税納税証明書(手数料400円程度※車検用では不可の場合もあります)を交付してもらいます。

所有権解除書類の取得

ディーラーやクレジット会社に委任状[実印押印]、印鑑証明書車検証のコピー納税証明書、クレジット会社からの承諾書完済証明書、住所が変わっていれば住民票、その他必要書類を持参または郵送すると、自動車登録用の委任状、印鑑証明書を交付してもらえます。
※必要書類の詳細は車検証に記載されているディーラーまたはクレジット会社に確認してください。
本人が手続をする場合は、委任状ではなく『所有権解除依頼書』に記入する場合もあります。

名義変更手続き

後は通常の名義変更と同じで、陸運局にて移転登録の手続を行います。
【本人が新所有者になる場合】
車検証の住所から変更がない場合は、通常の名義変更に必要な書類の中で車庫証明は不要ですが、住所に変更がある場合は、通常の名義変更に必要な書類に加えて住民票など車検証の旧使用者欄の住所から現在の住所(印鑑証明の住所)までのつながりが証明できる書類が必要です。(住民票や戸籍の附票など)
【第三者に譲渡する場合】
第三者に直接譲渡する場合は、旧所有者であるディーラーやクレジット会社から新所有者である第三者への名義変更という流れで通常の名義変更手続きと同じ方法で行います。

所有権留保解除手続きについて

普通自動車の所有権留保解除による名義変更手続き
自動車をローンで購入した場合、所有者がディーラーやクレジット会社になっている場合があります。ローンが完済したら速やかに自分の名義に戻す手続きをしましょう。また、そのまま第三者に譲渡することも可能です。陸運局に手続きに行く前に、ディーラー・クレジット会社に手続きをしましょう。
普段、あまり車検証を目にすることがないので、所有権留保されていることを気づいてない方も多くいます。自動車を購入して所有権留保されている場合、ローンが終わったからといって自動的に所有者が変わるわけではありませんし、販売店がその手続きをやってくれるわけではありません。

名義変更をしないと・・・

名義変更をしないと・・・

名義変更を済ませないと旧所有者に自動車税に自動車税の納付通知書が送られるため、前の所有者に迷惑をかけることになります。特に3月に車を購入された方は注意が必要です。
もっと迷惑なのが、事故を起こしたときです。車を売却したのに、突然、見ず知らずの方から慰謝料を支払ってくださいという内容の内容証明が送られてきて、びっくりしたという話を聞いたことがあります。 名義変更 を行わなかったがために、書類上では以前の持ち主になったままになっており、以前の持ち主に請求がきたのです。車を売却した方にとっては堪りません。ひき逃げでもしたかとびっくりしたそうです。

このように、迅速に手続きを行わないと様々なトラブルを引き起こす原因となります。

名義変更 ご依頼後の手続きの流れ

  1. メール又は電話・FAXにて名義変更の依頼をお伝え下さい。
  2. 当事務所から必要書類とお見積もり金額をお知らせいたします。
  3. ご依頼いただける場合は、必要書類にご記入の上、当事務所まで郵送又は宅配便でご送付ください。
    委任状・譲渡証明書の指定箇所に押印後、車検証・印鑑証明書(前所有者・新所有者の2通)、自動車保管場所証明書(なければ同時に申請代行致します)をご返送下さい。

    〒337-0014
    埼玉県さいたま市見沼区大谷1812番地26-105
    行政書士小山事務所

    詳しい必要書類はこちらをご参照ください。

  4. 書類が弊所に到着したら陸運支局にて名義変更手続を行います。
    書類提出後、お客様へ交付予定日をお知らせいたします。
    ご依頼前にご提示した料金をお振込み下さい。
    お振込口座
    埼玉りそな銀行
    川口支店 普通 5872787
    コヤマ ユウスケ
  5. 交付日に当事務所から新車検証などをを受け取りに行きます。
    料金お振込み確認後、お客様へ郵送いたします。
    その後車検証等をお客様へ発送いたします。
  6. 書類がお客様のお手元へ届きます。

名義変更に必要な書類

旧所有者が用意する書類

  • 自動車検査証
    (車検が切れている場合は先に車検を取る必要があります)
  • 譲渡証明書
    (実印を押したもの)  譲渡証明書及びサンプル
  • 印鑑証明書
    (発行後3ヶ月以内のもの)
  • 委任状
    (実印を押したもの)  名義変更委任状 名義変更委任状サンプル
  • 自賠責保険証(自動車損害賠償責任保険証明書
  • 自動車税納税証明書

※自動車検査証に記載されている住所・氏名等が、転居・婚姻等によって変わっている場合は、現在の住所・氏名等とのつながりの分かる書類が必要になります。住民票又は戸籍附票

新所有者(使用者)が用意する書類

  • 印鑑証明書
    (発行後3ヶ月以内のもの)
  • 車庫証明書
    (警察署発行後1ヶ月以内のもので、所有者と使用者が異なる場合は使用者のもの)
  • 委任状
    (実印を押したもの)

所有者と使用者が異なる場合の使用者の必要な書類

  • 使用者の住民票(発行後3ヶ月以内のもの)
  • 使用者の委任状

お問い合わせはこちら

行政書士小山事務所
代表者 小山 祐介
所在地 〒333-0807 埼玉県川口市長蔵1丁目2-19-201
TEL 048-446-9988
FAX 048-700-3506
MAIL:info@shakoshoumei-saitama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab