埼玉の車手続き(車庫証明取得・名義変更手続き)なら、埼玉の行政書士小山事務所へ。迅速、安心手続き。

HOME » 名義変更手続き » 所有権留保手続きの注意点

所有権留保手続きの注意点

ローンで購入した自動車を知人から譲り受けた場合

例えば、ローンで購入して所有権留保されている自動車を知人から譲り受けた場合は、まず、知人にディーラーやクレジット会社に書類の手配をしてもらいます。ローンで買って所有権留保されている場合は、所有者がディーラーやクレジット会社になっているので(知人は使用者として登録されています。)つまり、旧所有者の書類としてディーラーやクレジット会社の書類が必要になるわけです。(陸運局への名義変更手続きに関しては、旧使用者の書類は必要ありません。)実質は友人から自動車を譲り受けたとしても、車検証上(登録上)、所有者がディーラーやクレジット会社になっていれば、ディーラーやクレジット会社からご自身に名義変更するという手続きになります。
なお、知人がローンを完済していない場合は、ディーラーやクレジット会社の書類を発行してもらえません。所有権留保されている目的は、ローンの支払いが完了していないのに他人に売ったりすることができないようにすることを目的としているからです。

ネットオークションなどで「名義変更不可」などと書かれている場合

ローン未完済の状況で、ディーラーやクレジット会社から書類を取得できないまま売却してしまうとこういう状況になります。俗に言う金融車です。この点において個人売買で気をつけなければいけないことは、所有権が留保されているか否か、もし所有権が留保されている場合、ローンを完済しているかどうかということです。
ローンを完済していれば、個人売買などで取得した自動車が、たとえ所有権留保されていても、譲ってもらった相手方との多少のやりとりが必要ですが、名義変更が可能になります。

お問い合わせはこちら

行政書士小山事務所
代表者 小山 祐介
所在地 〒333-0807 埼玉県川口市長蔵1丁目2-19-201
TEL 048-446-9988
FAX 048-700-3506
MAIL:info@shakoshoumei-saitama.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは10時~18時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab